「山の日」でツリークライミング 新穂高山楽フェス

2018年08月11日 08:25

「新穂高山楽フェスティバル」の会場でツリークライミングを楽しむ来場者=高山市奥飛騨温泉郷神坂、新穂高ロープウェイしらかば平駅

「新穂高山楽フェスティバル」の会場でツリークライミングを楽しむ来場者=高山市奥飛騨温泉郷神坂、新穂高ロープウェイしらかば平駅

 11日の「山の日」にちなむイベント「新穂高山楽(さんがく)フェスティバル」が10日、高山市奥飛騨温泉郷神坂の新穂高ロープウェイしらかば平駅周辺で始まり、親子らがツリークライミングや工作を楽しんでいる。13日まで。

 山や自然により親しんでもらおうと、同ロープウェイが毎年開催。期間中は楽器の演奏や体験プログラムが日替わりで行われる。

 ツリークライミングでは、参加者がモミの木に取り付けられた長さ約10メートルのロープを操り、北アルプスの絶景を楽しんでいた。バグパイプと手回しオルガンの演奏、ゆるキャラ登場のほか、松ぼっくりやシラカバの枝を使った工作教室もあった。


カテゴリ: おでかけ