長良川球場で今夜オール早慶戦 県岐阜商高生、応援に加勢

2018年08月22日 08:59

慶大應援指導部の部員から指導を受ける県岐阜商業高校吹奏楽部=岐阜市則武新屋敷、同校

慶大應援指導部の部員から指導を受ける県岐阜商業高校吹奏楽部=岐阜市則武新屋敷、同校

 大学野球の華、早稲田大と慶応大による「オール早慶戦岐阜大会」が岐阜市長良福光の長良川球場で22日午後6時から行われる。岐阜市での開催は24年ぶり。伝統の一戦を盛り上げるため、両大の応援に加わる県岐阜商業高校(同市則武新屋敷)吹奏楽部の部員が21日、両大応援団との合同練習に同校で取り組んだ。

 大会は早稲田大野球部、慶應義塾体育会野球部主催、早稲田大校友会岐阜県支部、慶應義塾岐阜三田会、岐阜新聞社、岐阜放送主管。各地で行われるオール早慶戦では地元高校の吹奏楽部が応援に参加している。県岐阜商業高校吹奏楽部では部員84人を二つに分けて、1カ月前から両校の応援歌など約10曲を練習してきた。

 この日は早大応援部と慶大應援指導部の部員が楽器ごとにグループに分かれてリズムや曲とのつなぎを指導。早大の「紺碧(こんぺき)の空」と慶大の「若き血」それぞれの応援歌を演奏する際のタイミングや指揮者のサインも伝えた。

 県岐商吹奏楽部長(17)は「大会に参加できて非常に光栄。演奏の難易度は高いが、選手の皆さんの活躍を懸命に後押ししたい」と力を込めた。

 問い合わせは岐阜新聞社事業局、電話058(264)1159。


カテゴリ: おでかけ スポーツ