女性限定ラリー、今年も 恵那市で12月大会

2018年08月24日 08:36

参戦を呼び掛ける(右から)勝田照夫さん、井原慶子さん、小坂喬峰市長=恵那市役所

参戦を呼び掛ける(右から)勝田照夫さん、井原慶子さん、小坂喬峰市長=恵那市役所

 国内初として昨年注目を集めた女性ドライバー限定のラリー「L1ラリーin恵那」の2018年大会が12月1、2日、岐阜県恵那市で開催される。今年は、中津川市境の根の上高原にタイムを競うスペシャルステージ(SS)区間を設定。観戦エリアを設け、さっそうと駆け抜けるラリーカーを観客らに見てもらう。

 主催する愛知県のラリー愛好団体「モンテカルロオートスポーツクラブ(MASC)」が恵那市役所で会見し、開催概要を発表した。

 18年大会は、コース総距離が昨年の第1回大会より伸び116・98キロ。2カ所設けられ、計5回走行するSS区間の距離は18・45キロ。市役所をスタートし、SS区間を除く「リエゾン」区間は法定速度を守り通常走行する。昨年、大会会場となった区間の同市岩村町の岩村本通りでもパレード走行する。1日が試走、2日が本戦。

 MASC代表の勝田照夫さんは「国内でスペシャルステージに観戦エリアを設けるラリーは珍しいので楽しんでほしい」、大会運営に携わる可児市出身のレーシングドライバー井原慶子さんは「女性の本気の走りを見てほしい」とPRした。

 9月1日から参加申し込みを受け付ける。ドライバーは、日本自動車連盟(JAF)の国内競技運転者許可証B以上が必要。助手席で案内するコ・ドライバーは男性も可。一般社団法人「WOMEN IN MOTORSPORT」のホームページで受け付ける。問い合わせは同法人、電話03(6455)4390。


カテゴリ: スポーツ