中部院大、岐聖大先勝 大学野球秋季岐阜L開幕

2018年08月27日 08:00

岐聖大×岐経大=3回裏岐聖大1死一、二塁、2番駒瀬が右前へ先制適時打を放つ=KYB

岐聖大×岐経大=3回裏岐聖大1死一、二塁、2番駒瀬が右前へ先制適時打を放つ=KYB

 大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞社、岐阜放送後援)は26日、KYBで開幕。1回戦2試合を行い、3季連続優勝を目指す中部学院大が岐阜大を五回コールドの12―0で圧倒。春2位の岐聖大が岐経大を七回コールドの9―1で下し、先勝した。

 中部学院大は3番武藤健司の2点二塁打など一回に3点を先取。その後も足攻を絡めて安打を連ね着実に得点を重ねた。エースのサブマリン若山蒼人は抜群の制球で1安打8奪三振。岐阜大は失策で流れを失い、継投実らず、失点を重ねた。

 岐聖大は三回、駒瀬友哉(県岐阜商高出)の右前打で先制すると新4番高橋昇己の2点打で加点。四、五回にも安打を重ね、着実な加点で突き放した。岐経大は四回に連打で1点を返したが、相手2年生エース荒木開成を打ちあぐねた。

 第1週第2日は27日午前10時から、KYBで岐経大―岐聖大、岐阜大―中部学院大の2回戦2試合を行う。


カテゴリ: スポーツ