大迫力、柳ケ瀬に恐竜ロボ 子どもら歓声

2018年09月09日 08:05

ティラノサウルスなどの恐竜ロボットを見ようと集まった家族連れ=岐阜市柳ケ瀬通

ティラノサウルスなどの恐竜ロボットを見ようと集まった家族連れ=岐阜市柳ケ瀬通

 岐阜市の繁華街・柳ケ瀬商店街に迫力たっぷりの恐竜ロボットが並ぶ恒例イベント「ジュラシックアーケード」(岐阜新聞社、岐阜放送など後援)が8日開幕し、大勢の家族連れでにぎわった。9日まで。

 体長約13メートルの肉食恐竜ティラノサウルスやトリケラトプスなど精巧な恐竜ロボット9体が展示されている。首を動かしたり、口を開いて鋭い牙を見せたりするロボットに子どもたちは興奮した様子で見入っていた。来場者は各恐竜がチェックポイントとなっているスタンプラリーなどを楽しみながら、商店街を巡った。

 例年、2日間で約9万人が訪れる人気イベント。主催する実行委員会の岡田さや加委員長(46)は「一年間で一番、柳ケ瀬に子どもたちの笑顔があふれる2日間。ぜひ来場してほしい」と話していた。9日は午前10時から午後5時まで。


カテゴリ: おでかけ エンタメ