長良橋通りにぎわい創出「BRTトランジットモール」

2018年09月09日 09:09

バスのみが行き交い、にぎわいを創出したトランジットモール=岐阜市神田町、長良橋通り

バスのみが行き交い、にぎわいを創出したトランジットモール=岐阜市神田町、長良橋通り

 岐阜市の中心市街地の長良橋通り一帯で8日、一般車両の進入を制限しバスのみを通行させ、車道の一部に模擬店を出店するなどしてにぎわいを創出する「BRTトランジットモール」が始まり、多くの家族連れらでにぎわった。会場でバスやタクシーを展示する「公共交通フェスタ」も初めて同時開催されている。9日まで。

 トランジットモールは市の公共交通利用促進策。実施区間は若宮町交差点から金宝町交差点までの約500メートル。歩道側車線をイベントスペースとし、市商店街振興組合連合会(市商連)が「信長楽市」を主催、飲食や物販の約30店舗が出店している。

 公共交通フェスタは、市総合交通協議会と岐阜乗合自動車(岐阜バス)が主催。会場のパーキング紅葉園(同市神田町)で路線バスや観光バス、レトロタクシーなどを展示している。開会式で、柴橋正直市長は「"オール岐阜"体制で岐阜のまちづくりを共に進める貴重な機会」とあいさつした。

 関連イベントとして同市司町のみんなの森ぎふメディアコスモスでは9日まで、デザイナー水戸岡鋭治さんが手がけたJR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」や長良川鉄道の観光列車「ながら」などのデザインパネルを展示している。9日午後1時から水戸岡さんらによるトークイベントもある。

 期間中は、JR岐阜・名鉄岐阜駅、トランジットモール区間、メディアコスモスを結ぶシャトルバスが運賃100円で運行されている。


カテゴリ: おでかけ