下呂市出身の俳人・加藤素毛 伝承漫画作者募る

2018年09月13日 08:05

 岐阜県下呂市は、幕末に遣米使節団として世界一周した同市金山町出身の俳人加藤素毛(そもう)(1825~79年)の伝承漫画を作成する。11月30日まで、漫画の作者を募集している。

 郷土の偉人、素毛を広く知ってもらおうと、市は素毛の物語を描いた漫画をホームページ上で、来年4月から再来年3月まで毎月掲載する予定。漫画は放送作家が書く原作を基に描いてもらう。

 指定した素毛のエピソードに関する漫画(こま割り自由)を用紙1枚に描いて応募する。放送作家と市幹部が作品を審査して作者1人を選考する。年齢は問わない。

 作品は画用紙などの用紙か、PNGファイルなどで提出する。採用された作者には賞金5万円と副賞の市特産品3万円分を贈る。原稿料は掲載月ごとに支払われ、12カ月分で計約50万円。

 同市の担当者は「漫画をインターネットで全国発信して市をPRしたい。意欲のある人は、ぜひ応募してほしい」と呼び掛けている。詳しい応募要項は市ホームページに掲載。問い合わせは下呂市金山振興事務所、電話0576(32)2201。


カテゴリ: くらし・文化 エンタメ