岐聖大、中部院大が先勝 東海大学野球秋季岐阜リーグ

2018年09月17日 08:15

 大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞社、岐阜放送後援)第4週第1日は16日、長良川球場で1回戦2試合を行った。岐聖大は岐阜大に8-0で七回コールド、中部学院大は朝日大に延長十回タイブレークの末6-3で、それぞれ先勝した。

 岐聖大は一回、高橋駿の一ゴロ野選で先制。五回は高橋昇己と沢田裕基(岐阜聖徳高出)の2点二塁打など打者10人の猛攻で一挙5得点し、突き放した。5回無失点と好投した荒木開成ら3投手で完封リレー。岐阜大は再三好機をつくりながらあと一本がでなかった。

 中部学院大は六回、広部就平のソロで同点、七回は福尾僚祐の適時二塁打で勝ち越した。追い付かれ、延長十回は碓永辰海の右前適時打などで3得点。伊藤健太(海津明誠高出)が好救援で今季初勝利。朝日大は八回に代打木村亮太の中前打で追い付いたが、その後は1安打に抑えられた。

 第4週第2日は17日午前10時から、同球場で中部学院大-朝日大、岐聖大-岐阜大の2回戦2試合を行う。


カテゴリ: スポーツ