松井 靖典氏
(まつい・やすのり=元河合村長、元願教寺住職)

2018年09月26日

 17日、肺がんのため富山市の病院で死去、79歳。飛騨市出身。自宅は飛騨市河合町稲越358。通夜は10月26日午後7時から、告別式は同27日午前11時から、いずれも飛騨市河合町稲越358、願教寺で。喪主は長男芳嗣(よしつぐ)氏。
 1991年に河合村長に初当選し、合併して飛騨市となる2004年まで務めた。合併直後の飛騨市長職務執行者も務めた。


カテゴリ: 訃報

関連記事