BBQは岐阜の文化だ!6日フェス 450食無料提供

2018年10月04日 08:50

多治見BBQフェスをPRする米田一哉さん(中央)ら=多治見市音羽町、虎渓用水広場

多治見BBQフェスをPRする米田一哉さん(中央)ら=多治見市音羽町、虎渓用水広場

 岐阜県多治見市音羽町の虎渓用水広場と隣接するレストラン「ツリーバイネイキッド タジミ」で、「多治見BBQフェス」が6日に初開催される。450食限定で飛騨牛や瑞浪ボーノポークが無料で振る舞われる。

 市内の会社経営者などでつくる実行委員会が主催し、同市、JAとうと、東濃信用金庫などが後援する。同実行委が、バーベキューを岐阜が誇る文化として位置付け、多治見からバーベキュー文化をさらに盛り上げる目的で開催する。

 バーベキューは午前11時、午後1時、同3時に各150食ずつ提供する。各時間の30分前に「ツリーバイネイキッド タジミ」前で整理券を配る。1食に飛騨牛50グラム、瑞浪ボーノポーク150グラムほどが盛られる。他にも市内の飲食店がブースを構え、ハンバーガーやキーマカレーなどを販売。地元アーティストのライブも行われる。

 同実行委代表の米田一哉さん(30)は「バーベキューを通じて人と人をつなげたい。今回の開催が成功すれば、多治見の風物詩として継続していきたいので、多くの人に来てもらいたい」と話す。


カテゴリ: おでかけ グルメ