中部院大3季連続V 東海大学野球秋季岐阜リーグ

2018年10月07日 07:13

中部学院大×岐聖大=11回裏中部学院大1死二、三塁、藤川がサヨナラスクイズで、3季連続Vを決める=長良川

中部学院大×岐聖大=11回裏中部学院大1死二、三塁、藤川がサヨナラスクイズで、3季連続Vを決める=長良川

 大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞社、岐阜放送後援)最終週第1日は6日、長良川球場で1回戦2試合を行い、中部学院大が延長十一回タイブレークの末、2―1のサヨナラで岐聖大を下し、3季連続14度目の優勝を遂げた。朝日大も延長タイブレークの8-4で中京学院大を下し、先勝した。

 中部学院大は三回、藤沢昂樂の右犠飛で先制、八回に同点とされたが、延長十一回、1死二、三塁で藤川嵩平が試みたスクイズが内野安打となり、投手戦に終止符を打った。岐聖大は一時、追い付いたが好機を生かせず、力投のエース荒木開成を援護できなかった。

 朝日大は四回、林紘基(大垣日大高出)の先制三塁打などで2点先取。徳永拓也(市岐阜商高出)が完封寸前で同点にされたが、十回に志村覚の2点適時打などで一挙5点、突き放した。中京学院大は九回、主将坂之下仁哉の2点打で追い付いたが、及ばなかった。

 最終週第2日は7日午前10時から、長良川球場で朝日大―中京学院大、岐聖大―中部学院大の2回戦2試合を行う。岐聖大が敗れると岐経大の2位と東海選手権出場が決まる。朝日大は勝てば同率4位、敗れると5位が決定する。


カテゴリ: スポーツ