岐阜市の「ギフスタ写真コンテスト」最優秀決まる

2018年10月12日 09:14

グランプリを受賞した全国花火大会の写真

グランプリを受賞した全国花火大会の写真

 岐阜市は11日、公式インスタグラム「ギフスタ!」を活用した写真コンテスト「第2回『ギフスタ!』フォトアワード」のグランプリに、8月に実施された全国花火大会(岐阜新聞社、岐阜放送主催)の様子を写した作品が選ばれたと発表した。

 コンテスト参加者に市を訪れてもらうとともに、応募作品を活用した市の魅力PRにつなげようと実施。7月20日~8月31日に「岐阜市の夏!2018」をテーマに「インスタ映え」する写真を募り、1550点の応募があった。夜の写真の応募が多く、中でも花火大会の写真は多かったという。

 市の夏の魅力が伝わるか▽訪れたり、観たり、体験したりしてみたくなるか―が審査基準。市広報広聴課職員が9点に絞った後、柴橋正直市長がグランプリと優秀賞を選んだ。

 優秀賞には、JR長森駅から撮った列車や市の町並み、岐阜城と月、長良川鵜飼を捉えた各作品が選ばれた。

 市は、選ばれた4点を公式サイトなど広報媒体に掲載するなどして市のPRに活用している。次回コンテストは冬に予定している。


カテゴリ: くらし・文化 エンタメ