頂点つかみ取れ 安八町でスポーツクライミング大会

2018年10月23日 08:39

高さ15メートルの壁をよじ登る選手=安八郡安八町牧、安八スカイウォール

高さ15メートルの壁をよじ登る選手=安八郡安八町牧、安八スカイウォール

 スポーツクライミングの「第18回旭・安八カップ」が、岐阜県安八郡安八町牧の旭金属工業岐阜安八工場内にある安八スカイウォールで開かれた。

 スポーツクライミングは2020年東京五輪から公式種目に採用される。同所は東海地方では珍しい高さ15メートルの国際規格のクライミングウォール。

 今回は東海北陸、関西などの小学生から40代まで50人が出場。マスター、ミドル、ビギナーのレベル別に6分間でどこまで登れるか高さを競うリードと、高さ15メートルを登るタイムを競うスピードの2種目が行われた。出場者たちは壁のホールド(突起物)をしっかりとつかみ、力強く壁を登っていた。


カテゴリ: スポーツ