勝野、社会人で才能開花 ドラフト上位指名に期待

2018年10月24日 08:42

ドラフト会議での指名に期待が高まる三菱重工名古屋の勝野昌慶=西濃運輸グラウンド

ドラフト会議での指名に期待が高まる三菱重工名古屋の勝野昌慶=西濃運輸グラウンド

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議、25日)で上位指名が期待される三菱重工名古屋の本格右腕勝野昌慶(岐阜県可児市出身)。土岐商高時代は同学年の高橋純平(ソフトバンク、県岐阜商高出)の存在が際立っていたが、将来性が注目されていた。社会人で才能を大きく開花させ、今夏のアジア大会でも活躍した県期待の逸材。「直球だけでなく、変化球を落ち着いて投げられている。より上のレベルで挑戦してみたい」と運命の日に胸を高鳴らせる。

 高校時代から魅力だったのは最速140キロ台後半の直球。恩師の工藤昌義土岐商高監督も「荒さはあったが馬力があり将来性を感じていた」と評価し、1年時から登板。2年秋に県3位で東海大会に出場したが、準々決勝で選抜出場校の静岡に敗れ、3年夏も岐阜大会3回戦敗退。甲子園とは縁が無かった。勝野は「好不調の波がありすぎた。精神面で安定感が無くて痛打されていた」と振り返る。

 社会人入り後は「レベルが上がったからこそ、マウンドでの集中力を高めて、とにかくポーカーフェースをより意識するようになった」と、1年目から都市対抗予選に出場。球速は最速152キロまで伸び「変化球も要所で使えるようになった」と、スライダーやカーブでカウントを取り、決め球のフォークで落ち着いて打ち取る大人の投球に変わった。工藤監督も「卒業直後に会うと自分の頭でしっかり考えて言葉を選び、落ち着いた対応をしていた。精神面での成長を感じた」と教え子の成長に目を細める。

 3年目の今季は、登板はなかったが都市対抗で1位通過したトヨタ自動車の補強に選ばれ、アジア大会の日本代表になるなど、社会人屈指の右腕に成長した。同大会ではリリーフでオールプロで臨んだ韓国戦も含む3試合2回?に登板し、内角を強気に攻めて3三振無失点と銀メダル獲得に貢献。「緊張はあったが、上のレベルの相手と戦い、いい刺激になった。自信が少しずつ付き始めている」と成長を語る。

 ドラフトについては「注目されるが、あくまでチームの勝利に貢献したい」と浮かれる様子はなく「日本選手権(11月・京セラドーム大阪)で日本一になって気持ち良く今季を終わりたい」と実直な姿勢を口にする。

 「感情を出してしまった自分はマウンドに上がる資格は無い」を信条に静かなる闘志を胸に成長を続ける鉄腕がプロの扉を開けようとしている。


カテゴリ: スポーツ 高校野球