47歳男5年間で事務所荒らし433件 県警が捜査終結

2018年11月03日 07:59

 岐阜県警捜査3課と各務原署は2日までに、5年間で東海や関東地方など計10県で盗みを繰り返していた静岡市葵区与一、無職の被告(47)=窃盗罪などで公判中=の捜査を終結し、被害件数433件、被害総額約1860万円に上ることを明らかにした。

 同課によると、2013年7月~18年6月に、岐阜や愛知など計10県で、主に会社事務所を狙った盗みを繰り返していた。被害は現金が約1630万円、印紙や切手などの物品が230万円相当。生活費などに充てていたという。

 被告は今年6月に事後強盗未遂の疑いで逮捕され、供述などから他の犯行が発覚した。


カテゴリ: 事件・事故