瑞穂市長「下着くっきり」 平和首長会議で性的発言

2018年11月07日 07:46

 岐阜県瑞穂市の棚橋敏明市長は6日、高山市で開かれた平和首長会議国内加盟都市会議総会で、中学生を夏に長崎市へ派遣した事業について発表した際、「セクハラになるかもしれないが、中の下着がくっきりとするぐらい汗ぐっしょりになるほどだった」などと発言した。

 棚橋市長は取材に対し「暑い中での子どもたちの一生懸命さを表現したかった。性的発言と伝わったなら申し訳ない」と釈明した。

 核兵器の恐ろしさと平和の尊さを学ぶため、瑞穂市の中学生を長崎や広島に派遣する事業について紹介した際の発言だった。


カテゴリ: 社会