ミニブタ触れ合い区域閉鎖 美濃加茂・ぎふ清流里山公園

2018年11月22日 07:43

木柵や金網などで囲まれたミニブタの放牧場所=21日午前10時50分、美濃加茂市山之上町、ぎふ清流里山公園

木柵や金網などで囲まれたミニブタの放牧場所=21日午前10時50分、美濃加茂市山之上町、ぎふ清流里山公園

 岐阜市椿洞の市畜産センター公園の豚が豚(とん)コレラに感染したことを受け、美濃加茂市山之上町のぎふ清流里山公園は21日、ミニブタと触れ合うエリアを閉鎖した。

 閉鎖したのは、「ふれあい広場」の一角にある牧場の一部と飼育舎。羊やヤギ、モルモットなどの餌やりが体験できるエリアで、ミニブタ2頭も飼育、放牧している。9月に岐阜市で豚コレラが発生した後、来場者によるミニブタへの餌やりは中止していた。

 同公園では20日、野生イノシシなどとの接触を避けるため、金網や電気柵を設置。21日は中濃家畜保健衛生所などと周辺に消毒用石灰を散布し、エリアの出入り口を一般入場禁止とした。


カテゴリ: 社会