シクラメン学ぶ列車の旅 明知鉄道8、9日運行

2018年12月01日 08:56

「シクラメンの学校列車」をPRする生徒ら=恵那市大井町、明知鉄道恵那駅

「シクラメンの学校列車」をPRする生徒ら=恵那市大井町、明知鉄道恵那駅

 明知鉄道(岐阜県恵那市明智町)は8、9日、企画列車「恵那のシクラメンの学校列車」を運行する。車内で恵那農業高校(同市大井町)のシクラメン研究班の生徒らによる「授業」を受けた後、栽培農家などを訪ねる。

 同校園芸科学科の研究班がシクラメンをPRしようと明知鉄道と共同で企画。恵那花き研究会、県恵那農林事務所の協力で、2013年から毎年この時期に運行している。

 恵那駅を出発後、生徒たちが春まで花を咲かせる栽培・管理の仕方、交配の方法、大井ダム建設とシクラメンにまつわる歴史などを解説する。

 山岡駅で下り、寄せ植えを体験。昼食に五平餅を食べる。阿木駅でも下車し、シクラメンを栽培する伊藤園芸(中津川市阿木)で温室を見学する。「卒業試験」があり、成績に応じて農家や生徒らが栽培したシクラメンが贈られる。

 午前9時に恵那駅に集合。参加費3500円(列車運賃、昼食代、寄せ植え体験代含む)。定員は両日とも28人。問い合わせは明知鉄道、電話0573(54)4101。


カテゴリ: おでかけ 教育