「ながら」クリスマス仕様 長良川鉄道

2018年12月07日 08:19

観光列車ながら「もり号」内に取り付けられたクリスマスのれんやリース=関市元重町、長良川鉄道

観光列車ながら「もり号」内に取り付けられたクリスマスのれんやリース=関市元重町、長良川鉄道

 長良川鉄道(岐阜県関市元重町)は観光列車ながらの「もり号」の車内にクリスマス飾りを施し、7日から24日までの金、土、日曜日、休日に運行する。

 ながらの車両をデザインした工業デザイナーの水戸岡鋭治さんがデザインしたのれんと、県百年公園(同市小屋名)で取った松かさなどで作られたクリスマスリースを取り付ける。乗客には水戸岡さんのサイン入りクリスマスカードを限定販売する。カードの価格は500円。

 同鉄道の担当者は「ながらのカラーとサンタの赤色はイメージが重なる。雪景色の中を走ればホワイトクリスマスを実感できる」とPRしている。


カテゴリ: おでかけ