岐阜市が公式ツイッター開設 若者への情報発信強化

2018年12月20日 08:17

岐阜市が開設した公式ツイッター=同市役所

岐阜市が開設した公式ツイッター=同市役所

 岐阜市は19日、公式ツイッター「岐阜市役所/Gifu City」を開設した。災害時の緊急情報のほか、市のイベントや事業の情報を配信。ツイッターの利用率が高い若年層への情報発信を強化する。

 市では、7月の西日本豪雨を契機に、災害の対応力を高めようと、ツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)やアプリを活用した災害情報の提供を検討していた。拡散性が高いツイッターを開設することに決めた。

 ツイッターでは、緊急情報として、避難所の開設状況や避難勧告、避難指示などのほか、道路の冠水や通行止めといった被害状況も伝える。市のイベントの告知、観光や国際交流事業、感染症の流行や食中毒警報の発令も配信する。

 来年1月から市広報紙の文字データによるウェブ配信が多言語化し、市内の外国人が閲覧できる。スマートフォンアプリでも広報紙を配信。オープン・コーポレイツ・ジャパン(東京都)が運営するサービスを活用する。


カテゴリ: 政治・行政