肉料理の頂点へバトル キッチンカーGP12日開幕

2019年01月04日 08:33

「キッチンカーグランプリ」のポスターやチラシを手に来場を呼び掛けるスタッフ=可児市瀬田、花フェスタ記念公園

「キッチンカーグランプリ」のポスターやチラシを手に来場を呼び掛けるスタッフ=可児市瀬田、花フェスタ記念公園

 東海地方で肉料理を販売する移動販売車(キッチンカー)が集まる「キッチンカーグランプリin花フェスタ」が12~14、19、20日に岐阜県可児市瀬田の花フェスタ記念公園で開かれる。12日からは「ビーフ部門」、19日からは「ポーク&チキン部門」で、来園者に出来たての料理を食べ比べてもらい、投票でグランプリを選ぶ。

 同公園の主催で5回目。各開催日に35店舗が並ぶ。「ビーフ部門」では松阪牛ステーキ丼や飛騨牛ビーフシチューなどを販売。「ポーク&チキン部門」は伊勢甘タレ唐揚げやローストチキン、黒豚とんこつラーメンなどが並ぶ予定。各部門の最終日に、投票で選ばれたグランプリを発表する。より多くの逸品を味わってもらおうと、300~400円のミニサイズやハーフサイズも用意される。

 会期中は入園無料。これまで2~3回グランプリを獲得したキッチンカーも出店する。同公園は「寒い時期にアツアツの料理を楽しめる。一番好みの味をぜひ見つけてほしい」としている。問い合わせは同公園、電話0574(63)7373。


カテゴリ: おでかけ グルメ