メニエール病治療手軽に イヤホンで加圧、保険適用

2019年01月04日 08:10

メニエール病について説明する青木光弘臨床教授=岐阜市柳戸、岐阜大病院

メニエール病について説明する青木光弘臨床教授=岐阜市柳戸、岐阜大病院

 めまいや耳鳴りが繰り返し起こる内耳の疾病「メニエール病」について、岐阜大病院(岐阜市柳戸)耳鼻咽喉科・頭頸部外診療科長の青木光広臨床教授が治験に携わった新たな治療法が、健康保険の適用を受けることとなった。青木臨床教授は「手軽にできるので、悩んでいる人は相談してほしい」と呼び掛けている。

 新たな治療法は「中耳加圧治療」と呼ばれるもので、携帯型の機器とつないだ特殊なイヤホンで1日3回、各3分間、耳に弱い圧力を小刻みに与える。富山大と共同で治験を行い、治療例の80~90%でめまいなどの発作を抑えた。

 青木臨床教授によると、メニエール病は10万人に100人ほどが発症。手術治療を選択する人もいるが、改善率は75%程度という。「日常生活に大きな影響があるため悩んでいる患者も多い。新しい治療法が、症状や不安を取り除く一助となる可能性はある」と話している。

 機器の貸し出し料などに健康保険が適用でき、3割負担で月額5500円程度となる見込み。症状をみながら4カ月程度の継続的な治療が必要となる。


カテゴリ: 医療 科学