岐阜市のアパートに遺体 別の傷害容疑で逮捕の男2人「殺した」

2019年01月09日 07:30

 遊び仲間にけがを負わせたとして今月、傷害の疑いで岐阜県警に逮捕された男2人が、逮捕前に愛知県警に「人を殺した」と自首していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。岐阜県警が同日までに、岐阜市内にある2人の関係先のアパートを調べたところ、男性の遺体が見つかった。県警は、2人が男性の死亡したいきさつを知っているとみて調べている。

 捜査関係者によると、遺体は同市の男性とみられる。現場のアパート居室から凶器は見つかっていない。2人の話には食い違う点もあり、死亡に関与した可能性も含め、慎重に調べを進めている。

 男2人は昨年12月28日、岐阜市内で遊び仲間の男性(50)に暴行を加え、顔などの骨を折るけがを負わせたとして、傷害容疑で今月6日に逮捕された。


カテゴリ: 事件・事故