ゲレンデでの出会いを応援 高山市のスキー場が企画

2019年01月10日 08:33

「出会い」を応援しようと設置したリボン=高山市久々野町無数河、ひだ舟山スノーリゾートアルコピア

「出会い」を応援しようと設置したリボン=高山市久々野町無数河、ひだ舟山スノーリゾートアルコピア

 スキー場ですてきな出会いを-。岐阜県高山市久々野町無数河のスキー場「ひだ舟山スノーリゾートアルコピア」は、ゲレンデでの出会いを応援しようと恋人や友達募集の目印になるリボンをチケット売り場に設置した。

 今年初めての取り組みで、「出会いを求めて来ている人は多いはず」とスタッフらが考案。リボンで示すことで声を掛けやすくする狙い。来場者を増やすことで地域の活性化にもなればと始めた。

 リボンは2色で、ピンクは恋人募集中、黄色は友達募集中の意味。腕や帽子などに付けて滑る。参加無料で、返却の必要はない。意気投合し、友達になったりカップルが成立したりした時は、ゲレンデにある愛の鐘スポット「ゴールデンベル」で写真を撮り、スタッフに報告。アルコピアのホームページやフェイスブックへの写真アップを条件に1日リフト優待券またはりんごジュースなどのプレゼントがある。

 スキー場営業主任の高木令江さんは「アルコピアを出会いの聖地にしたい。恋人がほしい人も友達の輪を広げたい人も気軽にリボンを付けて」と話した。


カテゴリ: おでかけ

関連記事