高山市荘川で氷点下20.3度

2019年01月11日 08:05

今季最低の氷点下20・3度を記録した高山市荘川町六厩=10日午前8時

今季最低の氷点下20・3度を記録した高山市荘川町六厩=10日午前8時

 岐阜県高山市荘川町六厩で氷点下20・3度を記録するなど、10日は県内の多くの地点で今冬一番の寒さとなり、同市や飛騨市、大野郡白川村では真冬日となった。

 岐阜地方気象台によると、県内に寒気が残り、風が弱くおおむね晴れたことで厳しい冷え込みとなった。この日の全国の最低気温は、同市荘川町六厩が全国2番目の低さに。トップは長野県上田市菅平の氷点下23・9度で、同市朝日町宮之前の氷点下16・5度は6番目だった。

 六厩地区の木々には霧が凍った「霧氷」がつき、凍った川面にはフロストフラワーと呼ばれる真っ白な霜の花も。頰を刺すような厳寒の空気が作り出す光景を、盛んにカメラに収める男性もいた。

 同気象台によると、今後1週間の県内は平年並みか平年より少し高めの気温で推移する見込み。


カテゴリ: 社会