清流で躍る鮎 郡上市ナンバープレートデザイン決定

2019年01月30日 08:31

最優秀賞に選ばれた中学生2人の作品(手前)を融合したご当地ナンバープレートのデザイン(中央)=郡上市役所

最優秀賞に選ばれた中学生2人の作品(手前)を融合したご当地ナンバープレートのデザイン(中央)=郡上市役所

 岐阜県郡上市が市制15周年記念事業として作成するご当地ナンバープレートのデザインが決まった。清流に鮎が躍るイメージのデザインで、白鳥中学校(同市白鳥町)3年の多田ここ音さんと同1年の青木佑成さんの応募作品を融合させた図柄を採用した。交付は4月1日から始まる。

 市は、市内在住・出身の中高生、または22歳以下を対象に図柄のデザインを募集した。64点の応募があり、清流をイメージした多田さんのデザインと、躍動感あふれる鮎を描いた青木さんの作品が最優秀賞に選ばれた。

 28日に同市役所で表彰式が行われ、多田さんは「川が流れていく感じをイメージした」、青木さんは「跳ねる鮎を想像して描いた。4月に街でナンバーを見るのが楽しみ」と語った。日置敏明市長は「郡上らしさが表現されており、郡上のPRに一役買ってくれるだろう」と期待を寄せた。

 原動機付き自転車が対象で、50㏄は999枚、90㏄、125㏄はそれぞれ200枚製作する。


カテゴリ: くらし・文化 社会

関連記事