郷土の発展輝く栄誉 6氏に岐阜新聞大賞

2019年02月10日 07:33

トロフィーを手にする第69回岐阜新聞大賞の受賞者の皆さん=9日午前10時38分、岐阜市橋本町、岐阜放送テレビスタジオ

トロフィーを手にする第69回岐阜新聞大賞の受賞者の皆さん=9日午前10時38分、岐阜市橋本町、岐阜放送テレビスタジオ

 第69回岐阜新聞大賞の贈呈式が9日、岐阜市橋本町の岐阜放送であり、学術、文化、産業、農業の分野で郷土の発展に寄与した6氏に賞が贈られた。

 受賞者は、学術部門の林正子氏=岐阜大副学長=、岩間亨氏=岐阜大大学院医学系研究科長=。文化部門の近藤誠宏氏=二科会写真部理事長=。産業部門の小川信也氏=太平洋工業社長=、大松利幸氏=岐阜プラスチック工業会長=。農業部門の堀尾茂之氏=県厚生連経営管理委員会会長=。

 贈呈式には、古田肇知事、國島芳明県市長会副会長(高山市長)らが出席。各受賞者に矢島薫岐阜新聞社長から春慶塗の表彰盾と、県出身で世界的なガラス工芸作家各務鑛三氏によるカガミクリスタル社制作のトロフィーが贈られた。

 岐阜新聞大賞は1950年創設。岐阜県の各分野の発展に著しい功績のある個人、企業、団体に贈呈される。受賞者は526人、3企業、22団体となった。


カテゴリ: 社会