真剣、本格みそ造り 高山市高根体験ツアー

2019年02月11日 08:53

たるに「みそ玉」を投げ入れる参加者=高山市高根町上ケ洞、塩沢温泉七峰館

たるに「みそ玉」を投げ入れる参加者=高山市高根町上ケ洞、塩沢温泉七峰館

 岐阜県高山市高根町上ケ洞の塩沢温泉七峰館で「本格手造りみそ体験ツアー」があり、都市部からの参加者が9、10の両日、無添加みその仕込みをした。

 ツアーは、交流人口を増やそうと同町の高根村観光開発公社が1泊2日の日程で企画し、4年目。今年は4回あり、今回が1回目。寒冷な同町はみそ造りに適し、5月から11月は標高1672メートルの野麦峠(岐阜、長野県境)にある同公社施設でみそを寝かせる。

 参加者7人は国産大豆を4、5時間煮てつぶし、米こうじと混ぜ合わせた後、手に取って丸め、たるの中に力強く投げ入れた。カビが生えないよう空気を抜くためで、次々と「みそ玉」を入れ、平らにならして詰めた。

 岐阜市から参加した女性(41)は「全工程を自分でやるので仕上がりも自己責任。楽しく真剣に取り組みました」と話した。

 みそは1年か2年程度熟成させる。1人分のみそは約7・5キロになる。

 3月9、10日と同16、17日のツアー参加を受け付けている。問い合わせは同館、電話0577(59)2326。


カテゴリ: くらし・文化