「リニアの街」疾走を 5月26日に「中津川リレーマラソン」

2019年02月13日 08:09

出場チームのエントリーを呼び掛ける市職員=中津川市栄町、市にぎわいプラザ

出場チームのエントリーを呼び掛ける市職員=中津川市栄町、市にぎわいプラザ

 "リニアの街"岐阜県中津川市を舞台に、5月26日に開催される「第4回清流木曽川 中津川リレーマラソン大会」(実行委員会主催、岐阜新聞社、岐阜放送など共催)の出場チームの受け付けが始まっている。今年はフルの部200チーム、ハーフの部100チームを募集。4月30日までにランニング情報サイト「ランネット」から申し込む。

 同市茄子川の中津川公園が会場。家族や友人、職場の同僚ら4~10人でチームを組んでたすきをつなぐ。園内1周約2・1キロのコースを20周するフルは①一般②女子③中学生以上の学生-の3部門、10周するハーフは①一般②女子③小中学生-の3部門がある。

 完走タイムによる表彰のほか、コスチューム賞などの各種部門賞も用意。中津川のグルメ屋台が並び、出場者には市内の特産品などが贈られる。昨年は235チーム1692人が出場した。

 参加料はフル、ハーフともに高校生以上は一人2千円、中学生以下は同千円。大会ウェブサイトhttp://www.nakatsugawa-rm.jp/からも「ランネット」に接続できる。

 問い合わせは大会事務局(NPO法人中津川市体育協会)、フリーダイヤル(0120)979493。


カテゴリ: くらし・文化 スポーツ