走るぞ「チャギントン」 長鉄がラッピング列車、来月26日から

2019年02月15日 08:32

  • アニメ「チャギントン」のラッピング列車導入をPRする長良川鉄道職員=関市元重町、元重公民センター 
  • ラッピング列車のデザイン 

 長良川鉄道(岐阜県関市元重町)は14日、英国の人気アニメ「チャギントン」をモチーフにしたラッピング列車1両を来月26日から運行すると発表した。「親子の絆が深まる感動の時空間づくり」をコンセプトに3年間、上下線の通常便と企画列車で運行する。同アニメのラッピング列車の導入は東海3県では初。

 チャギントンは、擬人化された列車の主人公ウィルソンやブルースター、ココらと、人間の日常をほのぼのと描いたアニメ。

 今回導入する列車の外装は全面ラッピングでアニメの世界観を表現し、ヘッドマークや内装にも主要キャラクターをちりばめる。グッズや記念切符も販売する。通常ダイヤに組み込むなどし、点検日を除くほぼ毎日運行する。

 坂本桂二専務は記者会見で「子どもをターゲットに乗車率の向上と増収につなげ、地域活性化に結び付けたい」と期待感を示した。総事業費は約800万円で県の補助金を活用。3年間で計約500万円の純利益を見込む。

 通常運行に先立ち、来月21日に試乗会を行う。小学生以下の子どもと大人の計28組を募集している。2月20日午前10時から先着順に電話で受け付ける。運行初日の乗車希望者も募っている。

 申し込み、問い合わせは同鉄道、電話0575(46)8021。


カテゴリ: おでかけ