五平餅たれの寒天春巻 金賞レシピを御膳に

2019年02月26日 08:18

3月1日から販売する、「キラキラ糸寒天の生はるまき五平」を組み入れた華御膳=恵那市山岡町、山岡駅かんてんかん

3月1日から販売する、「キラキラ糸寒天の生はるまき五平」を組み入れた華御膳=恵那市山岡町、山岡駅かんてんかん

 岐阜県恵那市山岡町のレストラン「山岡駅かんてんかん」は3月1日から、市の料理コンテスト「エーナ健幸レシピ」の本年度の金賞受賞作「キラキラ糸寒天の生はるまき五平」を組み入れた春のメニュー「華御膳」を販売する。

 同コンテストは生活習慣病予防が狙い。本年度のコンテストには137点の応募があり、岩邑小学校の児童(10)の応募レシピが最優秀の金賞に選ばれた。

 「キラキラ糸寒天の生はるまき五平」は、市特産の寒天と野菜を包んだ春巻を、五平餅のたれで食べる。レストランで提供するに当たり、野菜を春野菜に替え、オリーブオイルであえるなどして、改良を加えた。

 華御膳はほか、地元特産の蒸し恵那鶏のごま寒天ジュレがけ、特製卵焼きの三種盛り、寒天うどん、寒天シートの黒米ずし、デザートの6品。同レストランの佐々木亀久雄館長は「寒天など地元特産品をふんだんに使った料理を楽しんで」と話している。

 価格は980円(税込み)。3月31日までの提供。問い合わせは同レストラン、電話0573(56)3140。


カテゴリ: グルメ