子育て女性も安心して仕事 女性スペース、3月1日オープン

2019年02月26日 08:30

施設を体験利用する幼児を連れた女性ら=下呂市森、市オーガニックワークプレイス

施設を体験利用する幼児を連れた女性ら=下呂市森、市オーガニックワークプレイス

 子育て世代の女性が子どもを連れて仕事や会議などができる「下呂市オーガニックワークプレイス」が、3月1日に岐阜県下呂市森に開所する。

 下呂温泉合掌村の管理事務所などとして、2013年3月まで使用されていた木造2階建ての1階166平方メートルを活用する。

 テーブルが置かれ、無料Wi―Fi(ワイファイ)を備えたコワーキングスペースは、パソコン作業や会議に利用できる。積み木などの遊具を用意したキッズスペースと授乳室を設けたほか、起業に向けたチャレンジショップができるようにキッチンや展示スペースもある。

 管理、運営は市の指定管理を受け、女性の働き方改革を進める「NPO法人みらいろ」が担う。開館時間は午前9時30分~午後10時で月曜休館。料金はコワーキングスペースが3時間、1人500円。

 開所を前に、同法人がアクセサリー教室を開き、幼児を連れた女性たちが施設を体験した。市企画課は「お子さんを連れて安心して仕事などに利用してほしい。女性の活躍の場を広げられる施設を目指す」と話している。

 問い合わせは市オーガニックワークプレイス、電話0576(20)4241(3月1日から)。


カテゴリ: くらし・文化