総合型健康施設、岐阜市にオープン 薬膳カフェに岩盤浴

2019年02月27日 08:19

「総合型健康予防館 金華のさと」などが入る増築部=岐阜市八代、平成調剤薬局本社ビル

「総合型健康予防館 金華のさと」などが入る増築部=岐阜市八代、平成調剤薬局本社ビル

 平成調剤薬局(大橋哲也社長)は「総合型健康予防館 金華のさと」と企業主導型保育施設「ねんど」を3月1日、岐阜市八代の本社ビルにオープンする。26日、関係者向け内覧会を行った。

 薬局と薬膳カフェ、サービス付き高齢者向け住宅を併設した本社ビルに、2階建ての建物を増築。両施設は1階部分に入る。

 金華のさとは運動機器や酸素カプセル、岩盤浴、カラオケなどを備える。午前中は理学療法士らが要支援、要介護高齢者の機能訓練を行い、午後2時から同4時まで一般に開放(薬膳茶付き1500円~)。ヨガやピラティスなどの健康講座をほぼ毎日開催する。

 ねんどは0~2歳児を対象にした託児所で常時4、5人の保育士を配置。最大18人の子どもを預かる。増築部の2階はサービス付き高齢者向け住宅の部屋数増に充てる。

 大橋千加専務(57)は「人生の初めから終わりまで、人に寄り添える業態を実現した。誰でも自由に集い、交流して元気になれる施設。気軽に利用してほしい」と話した。内覧会は27日にも行う。


カテゴリ: おでかけ グルメ 医療