光秀493歳祝おう 大正村浪漫亭が誕生会

2019年03月07日 08:33

明智光秀のお誕生日会をPRするチラシ(右)=恵那市明智町、大正村浪漫亭

明智光秀のお誕生日会をPRするチラシ(右)=恵那市明智町、大正村浪漫亭

 岐阜県恵那市の第三セクターが運営する同市明智町のカフェ兼土産品店「大正村浪漫亭」は10日、同町ゆかりの戦国武将明智光秀が使ったと伝わる町内の「明智光秀公産湯の井戸」で、光秀の「お誕生日会」を開く。同じ誕生日の参加者を募っており、光秀公グッズをプレゼントする。

 市や地元に伝わる史料によると、光秀は、1526年3月10日の生まれとされる。家系、出身地は諸説があるが、明智町には産湯の井戸のほか、京都の僧を招き学んだとされる学問所、母のお牧の方の墓所が伝わる。

 お誕生日会は、光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の2020年放映開始を前に、ゆかりの明智町を盛り上げようと初めて企画した。運営担当の市観光交流課職員中村みはるさんは「生きていれば今年で493歳の光秀公の誕生日をみんなで祝いませんか」と参加を呼び掛けている。

 午後1時に町内の千畳敷公園に集合。会で誕生日ケーキを食べて祝った後、ゆかりの地を巡る勉強会に出掛ける。誰でも参加できる。参加無料。問い合わせは同店、電話0573(55)0057。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化