特養95歳入所者の顔殴る 傷害容疑で元職員逮捕

2019年03月10日 08:47

特別養護老人ホーム「さくら苑」=9日午前、岐阜市奥

特別養護老人ホーム「さくら苑」=9日午前、岐阜市奥

 岐阜市奥の特別養護老人ホーム「さくら苑」で入所者の女性(95)をたたいてけがをさせたとして、岐阜北署は9日、傷害の疑いで大垣市北方町、元職員の容疑者(38)を逮捕した。「顔面をビンタしてけがを負わせたことは間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は6日午前0~6時ごろ、施設の自室にいた女性の顔を殴るなどし、けがを負わせた疑い。女性は軽傷とみられる。

 署によると、女性の部屋は個室。当時は容疑者が1人で当直勤務をしていた。同日、別の職員が女性のけがに気付いた。施設は部屋のカメラ映像の調査や容疑者への聞き取りを行い、8日夜に通報した。容疑者は同日付で退職した。署は、他の入所者の被害の有無や暴行が日常的だったかなどを調べる。

 施設は取材に「捜査中で何も答えられない」とコメントした。


カテゴリ: 事件・事故 社会