多治見修道院「緑」に 緑内障週間ライトアップ

2019年03月11日 07:49

緑色にライトアップされた多治見修道院=多治見市緑ケ丘

緑色にライトアップされた多治見修道院=多治見市緑ケ丘

 世界緑内障週間が始まった10日、岐阜県多治見市緑ケ丘の多治見修道院が緑色にライトアップされた。16日までの期間中、日没から午後9時まで行われる。

 日本緑内障学会(理事長・山本哲也岐阜大大学院教授)が実施。日本人の中途失明原因で最も多い緑内障の早期発見、治療を啓発するため、全国のランドマークを緑色の照明で照らす「ライトアップinグリーン運動」の一環で、多治見修道院では初めて。

 県内では期間中、同市駅北庁舎と岐阜城(岐阜市・11~17日)のほか、賛同した9医療機関もライトアップされる。


カテゴリ: 医療 社会