岐阜市で桜開花 昨年より3日遅く

2019年03月22日 11:28

開花したソメイヨシノの標本木=22日午前8時52分、岐阜市加納天神町

開花したソメイヨシノの標本木=22日午前8時52分、岐阜市加納天神町

 岐阜地方気象台は22日、岐阜市で桜が開花したと発表した。平年より4日早く、昨年に比べて3日遅かった。

 同気象台は同市加納天神町の清水川堤のソメイヨシノを標本木として観測している。20日に同市で最高気温が4月下旬並みの21・1度を記録するなど今月に入って暖かい日が続いたため、開花が早まったとみられる。

 標本木は朝のうちに南側の10輪程度が開花。午前11時ごろ、気象台の職員が確認した。周りでは、待ちわびた人たちがカメラやスマートフォンを向けていた。


カテゴリ: 社会