小坂の滝、春が来た 今季の安全祈願、滝開き

2019年03月25日 07:38

滝開きでテープカットをする観光関係者=下呂市小坂町落合、がんだて公園

滝開きでテープカットをする観光関係者=下呂市小坂町落合、がんだて公園

 岐阜県下呂市小坂町落合のがんだて公園で24日、滝開き(飛騨小坂観光協会主催)が行われ、関係者がシーズンの無事と盛況を祈願した。

 昨年夏の豪雨被害の影響で、本年度の同公園入り込み客数は前年より2割減り、約3万7千人にとどまった。滝めぐりコースのガイドなどを担うNPO法人「飛騨小坂200滝」は、2019年度の同客数を4万2千人と見込んでいる。

 滝開きには観光関係者ら約40人が出席し、同協会の桃原誠招会長が「昨年は災害により多大な影響を受けたが、周辺コースは関係者の尽力で元通りになった。穏やかなシーズンになることを願う」とあいさつ。関係者がテープカットをして、シーズンの幕開けを祝った。

 滝めぐり各コースのガイドツアーは4月15日から順次始まる。問い合わせ、予約は同法人事務局、電話0576(62)2215。


カテゴリ: おでかけ