寒さに耐え夜桜見物 岐阜市

2019年04月01日 07:53

夜桜を楽しむ花見客=31日午後6時59分、岐阜市加納天神町

夜桜を楽しむ花見客=31日午後6時59分、岐阜市加納天神町

 桜の開花が進む中、岐阜市内の桜の名所は31日、花見客でにぎわった。

 JR岐阜駅に近い清水緑地は、約500メートルにわたってソメイヨシノなど約220本が川沿いに並ぶ。岐阜地方気象台の標本木が七分咲きになるなど見頃に。

 この日は同市の最高気温が平年より3度低い13・0度にとどまる肌寒い一日になったが、ぼんぼりの明かりの下、厚手の上着やニット帽姿で夜桜を楽しむ人たちの姿もみられた。

 同気象台によると、3月22日の開花発表以降、寒い日が続いていることから、満開は当初の予想よりやや遅れ、2、3日ごろになる見込み。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化 写真ニュース