値打ち美濃焼品定め 土岐市で「マルシェ」

2019年04月21日 08:47

  • 値打ちな価格の陶磁器を品定めする来場者 
  • モザイク画用の皿に絵付けをする子どもたち 
  • 全国各地のご当地グルメを販売するキッチンカー=いずれも土岐市土岐津町高山、セラトピア土岐
 

 岐阜県土岐市の春の陶器市「市美濃焼祭り 水辺の陶器マルシェ」が20日、同市土岐津町高山のセラトピア土岐で始まった。陶磁器を値打ちに販売するテント市や絵付け体験などを楽しめるクラフト市、ご当地グルメの販売エリアがあり、大勢の来場者でにぎわっている。21日まで。

 年度初めの恒例行事で、23回目。市内の陶磁器メーカーや卸売業者、地元の陶芸作家がこだわりの陶器を販売する23の即売市のテントが並び、来場者は商品を手に取りながら品定めしていた。

 クラフト市には26のブースが出店した。美濃焼の皿を1万枚以上集めて巨大なモザイク画を作成する企画では、子どもたちが真剣な表情で皿に絵付けをした。全国のご当地グルメを販売するキッチンカーも並び、来場者は広島風お好み焼きなどを味わった。

 2年前に名称を「TOKI-陶器祭り」から改め、陶磁器生産量日本一を誇る市の美濃焼を前面に出し、ブランドの知名度を高めて若い世代への浸透を図っている。


カテゴリ: おでかけ