県岐阜商など8強 春季県高校野球

2019年04月21日 14:18

岐阜聖徳×県岐阜商=6回裏県岐阜商2死二塁、多和田が右前先制打を放つ=岐阜ファミリー

岐阜聖徳×県岐阜商=6回裏県岐阜商2死二塁、多和田が右前先制打を放つ=岐阜ファミリー

 春季県高校野球大会(岐阜新聞社、岐阜放送後援)第2日は20日、岐阜ファミリーパークなどで2回戦8試合を行い、昨秋県4強の中京学院大中京(1位)、大垣日大(2位)、岐阜第一(3位)、県岐阜商(4位)などがベスト8入りし、今夏の岐阜大会のシード権を獲得した。

 中京は三回までに13得点と打線が爆発し、岐阜(岐阜3位)に13-2の五回コールド。大垣日大は市岐阜商(同5位)に2度リードを許したが、八回に小野寺優斗が決勝打を放ち3-2で逆転勝ち。岐阜第一はエース高倉明健が完封し加納(同3位)に2-0。県岐阜商は多和田尚旗が2打点し、完封リレーで岐阜聖徳(同2位)に3-0。

 岐阜総合(同1位)は小森仁紀が中津(東濃2位)を4-0で完封。美濃加茂(中濃・飛騨1位)はこまめに加点し海津明誠(西濃4位)を7-0で八回コールド、大垣商(同1位)は五回の一挙7得点で逆転し、高山西(中濃・飛騨5位)に8-2で快勝。帝京大可児(同2位)はシード土岐商(東濃1位)を2-1の接戦の末に破った。

 第3日は21日午前10時から準々決勝を行う。対戦は関市民が①美濃加茂―県岐阜商②岐阜総合―中京学院大中京、大垣北が①帝京大可児―岐阜第一②大垣商―大垣日大。


カテゴリ: スポーツ