小6の3人に体罰 岐阜市の男性教諭戒告

2019年04月24日 07:55

 岐阜県教育委員会は23日、担任をしていた当時小学6年の男子児童3人に体罰をしたとして、岐阜市立小学校の男性教諭(36)を戒告の懲戒処分にした。

 県教委によると、2月12日に校内で、児童2人がノートに教諭の容姿をからかう悪口を書き、指導にも反省の態度が見られないとして、1人の頭をノートでたたき、胸ぐらをつかんで押し倒したほか、もう1人の胸ぐらをつかんだ。また同月、別の児童が教諭の容姿をからかったとして、首に腕を回したり、羽交い締めにしたりした。

 教諭は県教委の調査に「取り返しのつかないことをした。申し訳ない」などと話しているという。

 県教委は監督責任を問い、男性校長を厳重注意とした。


カテゴリ: 社会