長良クがFC岐阜セカンド破り初優勝 社会人サッカー県予選

2019年04月30日 07:38

長良ク×FC岐阜セカンド=PK戦を制して初優勝を飾り、喜びを爆発させる長良クの選手たち=長良川球技メドウ

長良ク×FC岐阜セカンド=PK戦を制して初優勝を飾り、喜びを爆発させる長良クの選手たち=長良川球技メドウ

 サッカーの第55回全国社会人選手権岐阜県予選は29日、長良川球技メドウで決勝などを行い、決勝で長良クが0―0で迎えたPK戦の末に昨年優勝のFC岐阜セカンドを下し、初優勝を飾った。

 長良クは前半からFC岐阜セカンドの縦に速いパスに苦しんだが、DF村瀬大地や大村海太らを中心に体を張った守備で、ゴールを割らせなかった。高い位置で奪いサイドを広く使った攻撃を展開し、ゴール前でフリーの場面をつくるなど優勢に進めたが、無得点。PK戦ではGK加藤侑弥が6本中2本を止める好セーブを見せて、5―4で競り勝った。

 3位決定戦は、FC大垣K'が古川クを2―1で下した。FC岐阜セカンドと長良ク、大垣K'の3チームが、7月6日に長良川球技メドウなどで開幕する全国社会人選手権東海予選の出場権を獲得。16チームを4ブロックに分けたトーナメントを行い、各1位が全国選手権(10月11~16日・鹿児島)に出場する。

 5月5日に岐阜フットボールセンターで行われる第24回県選手権兼第99回天皇杯全日本選手権県代表決定戦(岐阜新聞社共催)の準決勝の組み合わせも決まり、長良ク(社会人1位)―大垣K'(同3位)、FC岐阜セカンド(社会人2位)―岐阜協立大(大学1位)となった。


カテゴリ: スポーツ