岐聖大、朝日大が勝ち点 東海大学野球春季岐阜リーグ 

2019年05月06日 07:05

  • 岐阜協大×岐阜聖大=7回無死満塁から登板し、追撃を抑えた岐阜聖大のエース荒木=中津川夜明け前 
  • 岐阜大×朝日大=4回表朝日大2死一、三塁、小林が中前適時打を放つ 

 東海地区大学野球春季岐阜リーグ(岐阜新聞社、岐阜放送後援)第6週第2日は5日、中津川夜明け前で2回戦2試合を行い、岐阜聖大が岐阜協大の猛追を6―4で振り切り、勝ち点を3とし、逆転優勝へ望みをつないだ。朝日大は岐阜大を3―0で下し、勝ち点2。岐阜大とともに今季を終えた。

 朝日大は三回、小林樹の中前打を足場に里見柊斗の中前適時打で先制。四回に小林の中前適時打、七回には再び里見の適時打で加点した。先発吉田祥一朗(市岐阜商高出)ら5人の継投で完封勝ち。岐阜大は好機を生かせず、粘投の松久保幸也を援護できなかった。

 岐阜聖大は三回、高橋昇己の右前打で先制。直後に逆転されたが、五回に再び高橋昇が2点三塁打で再逆転。その後も小刻みに加点し、七回無死満塁から継投したエース荒木開成が追撃をかわした。岐阜協大は七回に2点差としたが、一歩及ばなかった。

 最終週第1日は11日午前10時から、KYBで中部学院大―岐阜聖大、岐阜協大―中京学院大の1回戦2試合を行う。


カテゴリ: スポーツ