古民家で極上のそば

2019年05月08日 08:56

◆そば茶寮文福笠井 岐阜県郡上市

 白鳥町の山里に週末だけ開くそば店。各務原市で同名の店を営む店主の笠井正弘さん(64)が出身地の同町六ノ里に2018年9月にオープンさせた。

 純国産の玄そばを使った自家製粉。風味とこしがあり、ひき立て、打ち立て、ゆでたてにこだわる。かつお節と2~3年寝かせた昆布を使ったつゆが、そばの味を最大限に引き出す。

 実家を自分で改装した店内は、古民家の温かみのある内装。窓の外には、のどかな山里の眺めが広がる。エビ天ざるそば1800円、十割そば1200円、さばずし600円(いずれも税込み)などが人気。笠井さんは「豊かな自然と昔ながらの木造家屋の癒やしの空間を楽しみ、そばを味わってほしい」と話す。

【メモ】▽住所 郡上市白鳥町六ノ里546の3▽営業時間 午前11時~午後3時▽営業日 土、日曜日、祝日▽電話 0575(84)1005。


カテゴリ: グルメ