自転車男子、岐南工Aが3連覇 県高校総体

2019年05月13日 07:10

男子4000メートル団体追い抜きを制した岐南工A=岐阜競輪場

男子4000メートル団体追い抜きを制した岐南工A=岐阜競輪場

 県高校総体兼全国・東海総体県予選は12日、岐阜競輪場などで10競技を行い、自転車は、男子4000メートル団体追い抜きで岐南工Aが優勝。男子個人で村瀬大和(岐阜第一)と安達光伸(岐南工)が2種目制覇した。

 柔道団体は男子が全国選手権出場の大垣日大、女子は同出場の美濃加茂を決勝で下した鴬谷が優勝した。バドミントンシングルスは、男子が高木駿(不破)、女子が岸田なつみ(大垣西)が制した。

 全国総体「南部九州総体2019」は、鹿児島県など4県(セーリングのみ和歌山県固定開催)で、7月24日から8月20日に実施。東海総体は静岡県で、6月14日から23日(水泳は7月19日から22日)に行われる。


カテゴリ: スポーツ