童話の世界、咲き誇る プリザーブドフラワー作品展

2019年05月17日 08:36

工夫を凝らした色とりどりの作品が並ぶ展示会場=可児市瀬田、花フェスタ記念公園

工夫を凝らした色とりどりの作品が並ぶ展示会場=可児市瀬田、花フェスタ記念公園

 保存加工を施して鮮やかに着色した花を仕立てるプリザーブドフラワーのアレンジメント作品展が、「春のバラまつり」を開催中の岐阜県可児市瀬田の花フェスタ記念公園で開かれている。「私の好きな王子様&お姫様」などをテーマに創意工夫を凝らした約60点を紹介している。19日まで。

 日本バイオフラワー協会理事の永井恵子さんが瑞穂市で開く「アトリエKei」で学びながら、県内外で作品づくりに取り組む生徒や講師の作品を紹介する場として毎年開かれている。

 会場には童話「白雪姫」や「星の王子さま」を題材に、赤や青に染めたバラやカーネーション、カスミソウなどを人形と一緒に飾って世界観を表現した作品や、町並みを再現したミニチュアに花を飾った作品などが並び、来園者を楽しませている。


カテゴリ: おでかけ くらし・文化