ツアー・オブ・ジャパン美濃S 「前夜祭」健闘誓い合う

2019年05月22日 08:31

出場チームの選手や大会関係者が参加したウエルカムパーティー=美濃市港町、美濃緑風荘

出場チームの選手や大会関係者が参加したウエルカムパーティー=美濃市港町、美濃緑風荘

 岐阜県美濃市で22日に開催される日本最高峰の国際自転車ロードレース「2019ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)」の美濃ステージを前に、出場チームの選手や監督らを招いたウエルカムパーティーが21日夜、同市港町の美濃緑風荘であり、互いに健闘を誓い合った。

 TOJは国内外16チームの選手約100人が出場。19日に開幕した大阪府を皮切りに、各地を転戦する全8ステージで計767・6キロを走行し、26日の東京都で総合優勝を決める。

 第4戦の美濃ステージは午前9時15分にうだつの上がる町並みを出発し、板取川や長良川沿いの周回コースを時計回りに6周半走る。139・4キロの長丁場で、美濃和紙の里会館前でのゴールは午後0時40分ごろを見込む。

 パーティーには約100人が出席。TOJ組織委員会の田中栄作委員長が「天候も味方し、大会に追い風が吹いている。成功を収めたい」とあいさつ。武藤鉄弘市長が「持てる力を十二分に発揮し、優勝を目指して頑張ってほしい」とエールを送った。


カテゴリ: くらし・文化