多治見駅北口に新ビル カフェや広東料理店

2019年05月25日 08:28

完成した中之郷ビルディング=多治見市音羽町

完成した中之郷ビルディング=多治見市音羽町

 岐阜県多治見市音羽町のJR多治見駅北口に、石油製品販売会社の伊藤商会(同市本町)の中之郷ビルディングが完成した。24日に竣工(しゅんこう)披露宴が開かれ、地元政財界の約90人が陶都・多治見の玄関口の発展に期待を込めた。

 中之郷ビルディングは敷地面積約750平方メートル、鉄骨3階、延べ約1500平方メートル。駅周辺ににぎわいの場をつくろうと、土地区画整理の換地で得た虎渓用水広場北側の所有地に約10億円を投じて整備した。中之郷は明治時代中頃まで同所が中之郷村だったことにちなみ、ビルの名称にした。

 虎渓用水広場に面した1階は「タリーズコーヒー」(27日オープン)、2階は本格的な広東料理が味わえる「南国酒家」(29日同)、3階は同窓会をはじめ宴会やパーティーができる「中之郷テラス」(30日同)が入る。

 披露宴では、伊藤謙一社長が「多治見に無くて、あったらいいなをキーコンセプトに検討し、市民に愛される場所をつくろうと考えた。三つの店が地域の活性化、まちづくり、憩いの場になるよう頑張りたい」とあいさつ。古川雅典市長、坂﨑義雄多治見商工会議所副会頭が祝辞を述べた。同市のピアニスト古田友哉さんの演奏が竣工に花を添えた。


カテゴリ: おでかけ