揺れる紫、初夏の香り 池田町の農園でラベンダー見頃

2019年05月30日 08:12

見頃を迎え、初夏の風に揺られながら爽やかな香りを運ぶラベンダー=池田町藤代、ラベンダーファームあまおか

見頃を迎え、初夏の風に揺られながら爽やかな香りを運ぶラベンダー=池田町藤代、ラベンダーファームあまおか

 池田山麓に広がる岐阜県池田町藤代の「ラベンダーファームあまおか」で、ラベンダーの花が見頃を迎えている。鮮やかな紫色の花が初夏の風に揺られながら爽やかな香りを運んでいる。

 ラベンダーは、オーナーの天岡秀樹さん(69)、雅子さん(64)夫妻が2010年から栽培。約790平方メートルで「濃紫早咲」と「オカムラサキ」計約400株を育てている。

 25日ごろ開花した濃紫早咲に加え、6月上旬には、オカムラサキも咲き始めるという。天岡さんは「標高60メートルからの景色とラベンダーのコラボを楽しんでほしい」と話している。

 ファームでは、摘み取り(1本10円)も体験できるほか、6月2日午後1時からはアコースティックギターなどの演奏を楽しめるコンサートが開かれる。入場無料。問い合わせはラベンダーファームあまおか、電話0585(45)9816。


カテゴリ: おでかけ